黒ずみクリーム口コミランキング

今話題の黒ずみクリーム5選

 

イビサクリーム

脱毛サロンが開発したと話題のクリーム!

 

トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kを配合の『医薬部外品』

 

無添加で敏感肌の人も使えます!

 

雑誌『GLLITER』などにも掲載されている人気商品!

 

サクラ葉抽出液・カモミラエキス・ダイズエキス・オウゴンエキスの植物成分で黒ずみ対策!

 

保湿や炎症抑制作用もあるので、お肌を健康に整えると評判♪

 

初めての人には28日間の金額返金保障アリ。

 

ハーバルラビット

モデルさんやタレントさんが多数使用しているクリーム!

 

水溶性プラセンタエキス配合!

 

コンビニ後払いも出来るので安心!

 

ISO取得工場で生産しているのも魅力!

 

ホスピピュア

@コスメの黒ずみケア部門で1位!

 

2016年モンドセレクション金賞受賞の実力派クリーム!

 

会員ランク制度があり長く使っている人ほどお得!

 

ヴィエルホワイト

リポソーム化エキスで潤いと美白を可能に!

 

3種の美白成分でジェルが気持ち良い!

 

プッシュ式容器だから衛生的!

 

ホワイトラグジュアリー

 

2016年と2017年に2年連続でモンドセレクション受賞!

 

テレビ番組『Girls Happy Style』でも紹介!

 

通常価格よりも4,000円OFFになるお得な定期便もアリ!

 

 

黒ずみクリームは『医薬品』か『医薬部外品』が◎

市販の黒ずみクリームには、『化粧品』『医薬部外品』『医薬品』があります。

 

医薬品は薬と同等の効果があるもの、医薬部外品は効能が穏やかだけど薬事法で認められる有効成分を配合しているものを指します。

 

その他の一般的な商品は『化粧品』の扱いになります。

 

当然、効能に期待ができるのは『医薬品>医薬部外品>化粧品』です。

 

医薬品は高い期待はできますが、お肌を綺麗に整えてくれる余計な美肌成分が入っていないため、いざ使ってみると、「あんまり効果を感じない」という人もいます。

 

医薬部外品の方が、医薬品と化粧品の良いとこ取りで、黒ずみへの有効成分も美容成分も多く含まれているので、長く使うほどお肌が綺麗になると人気があります。

 

医薬品であっても、100%黒ずみに効果があるかどうかはわからないため、それなら美肌効果も高い医薬部外品を使ったほうが失敗してもダメージが低いですよね。

 

絶対に黒ずみを除去したいのであれば、美容皮膚科に行くのが一番間違いがありません。

 

黒ずみクリームには100%黒ずみを解消できるという保証はありませんので、黒ずみに対して、どのくらい真剣に悩んでいるぁによって、セルフケアで治療するのか、美容皮膚科で治療するのか考えた方が良いです。

 

 

黒ずみ対策は保湿+角質除去が大事!

黒ずみ対策で重要になるのは『保湿』『角質除去』の2つです。

 

黒ずみ解消は新陳代謝を促進させて、古い角質を取り除き、新しい皮膚へターンオーバーさせることが大事になってきます。

 

そのためには、角質の除去と保湿のケアが欠かせません!

 

特に老化が進むと、代謝が悪くなってしまい、古い角質が自然に剥がれ落ちにくくなり、洗顔をしているだけでは、ごわごわ感が残ってしまうことがあります。

 

若い頃は、自然と洗顔をするだけで剥がれた角質も、年齢と共に、ピーリングなどをしないと、綺麗に落ちなくなってしまうため、一手間かけることが大事になってきます。

 

そして、古い角質が剥がれた肌は敏感になっていますので、たっぷり保湿してあげることが大事になってきます。

 

ターンオーバーが上手く進むことによって、肌の黒ずみも改善されやすくなってきます。

 

ひどい黒ずみの場合は時間がかかりますが、専用の黒ずみクリームを使いながらケアしていけば、徐々に改善される可能性があります。

 

専用の黒ずみクリームをいくら使っても、なかなか改善が見えない場合は、セルフケアでは解消できない黒ずみの可能性が高いので、美容皮膚科に相談し、レーザー治療や薬剤によるワンランクの治療が必要になります。

 

 

デリケートゾーンに使用するなら肌に優しいことが必要

黒ずみクリームは、デリケートゾーンに使用するからこそ、成分には注意が必要です。

 

デリケートゾーンは、刺激の強い成分を使用すると、肌荒れの可能性があります。

 

もともと肌が弱い人の場合は、黒ずみクリームを使用することに不安を感じる人もいると思いますが、その場合は、無添加の黒ずみクリームを選ぶようにしましょう。

 

肌に刺激を与える成分を使用している黒ずみクリームは、黒ずみ解決の前に、肌トラブルで使用継続が不可能になる可能性もありますので、注意をしないといけません。

 

肌が弱い人の場合、万が一の時に備えて、『全額返金保証』がある黒ずみクリームを選ぶと安心です。

 

商品が体質に合わなければ、黒ずみクリームなんて、ゴミとして捨てるしか方法がありません。

 

1回使って、肌に合わないからと言って、すぐに捨てるのは勿体ないですよね。

 

でも、全額返金保証のある黒ずみクリームだったら、お金を無駄にする心配もありません!

 

黒ずみクリームが肌に合うかどうか心配な人は、黒ずみクリームを選ぶ時に、全額返金保証があるかどうかを、チェックしてみるのもおススメです。

 

 

 

そもそも肌の黒ずみの原因って何?

洋服や下着の摩擦による黒ずみ

肌の黒ずみの大きな原因として、『洋服や下着の摩擦』が挙げられます。

 

肌がこすれて、肌を刺激をうけると、色素沈着しやすくなってしまいます。

 

特に色素沈着しやすいのは、『きつい下着』や『ジーンズ』です。

 

また、女性が生理の時に使うナプキンによる摩擦も、黒ずみの原因になりやすいと指摘されています。

 

女性の場合、オシャレのために、タイトな衣類を身に着けることも多いですが、それが原因でデリケートゾーンの黒ずみにつながっている可能性もあります。

 

特に一度身に着けてみて、着用感がきついと思うものは、肌にとっても良くないものなので、黒ずみがひどくなるようであれば、早めに着用を止めるようにした方が安心です。

 

特に最近は、ボディメイクできつめの下着をつける人も多いですよね。

 

美容のために仕方ないとしても、きつい衣類は、肌の黒ずみを生む原因になってしまいますので、あまりお勧めできません。

 

特に黒ずみは、体質による個人差がかなりあります!

 

色素沈着しやすいタイプは、衣類から気を付けないと、なかなか黒ずみが解消できません。

 

逆にきつい下着をつけても、あんまり黒ずみになりにくい体質の人もいます。

 

こればかりは、体質の差ですので、自分で自分が色素沈着しやすいタイプが、把握しておくことが大事になってきます。

 

色素沈着しやすいタイプは、十分に気を付けていても、簡単に黒ずみが出来てしまうのである程度仕方ない部分があります。

 

 

脱毛の自己処理による黒ずみ

また、セルフケアによる脱毛が黒ずみの原因になっていることもあります。

 

ムダ毛を自己処理するのは簡単でお金もかからないので、やっている人は多いと思います。

 

しかし、自分で処理をした結果、毛穴を痛めてしまい、色素沈着しやすくなってしまうこともあります。

 

安全カミソリを使おうと、ブラジリアンワックスを使おうと、自己処理は肌への負担が非常に高く、肌を痛める大きな原因になります。

 

特に脱毛の場合、1週間に1回とか1カ月に1回の頻度ではなく、毎日もしくは数日置きに処理する人が多いと思います。

 

カミソリやワックスによるダメージをそれだけ多く受けていれば、やはり肌も色素沈着を起こしたり、トラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

黒ずみを作らないためには、『お肌に刺激を与えないこと』が最重要!

 

でも、自分で脱毛をしている人の場合、ほぼ頻回脱毛によって、肌に刺激を与えまくり、自分で黒ずみを作るきっかけを作ってしまっているのです。

 

夏場などは、人目が気になりますので、セルフケアの脱毛をするのも仕方ないですが、それは将来的に、肌の色素沈着を引き起こし、黒ずみにつながる可能性もあるということを忘れてはいけません。

 

自分が何気に毎日していることが、黒ずみにつながっている可能性がありますので、黒ずみが酷い場合は、黒ずみの原因を作る生活習慣がないかどうか、一度確認してみましょう。

市販の黒ずみクリームは役立つか?

化粧品では効果は期待できない!

市販の黒ずみクリームには、大きく分けて『医薬品』『医薬部外品』『化粧品』の3つの種類があります。

 

市販の市販の黒ずみクリームで、効果が期待できるとされているのは、『医薬品』と『医薬部外品』だけ。

 

医薬品と医薬品や医薬部外品は、薬事法によって定められていますので、どんな商品でも指定されるわけではありません。

 

そのため、『化粧品』に分類される市販の黒ずみクリームでは、あまり効果に期待ができません。

 

化粧品は薬事法によって、有効成分の最大配合量が制限されており、一般的に医薬品や医薬部外品に比べて有効成分が低いのが特徴です。

 

そのため、化粧品に分類される市販の黒ずみクリームの場合、黒ずみに使用しても、黒ずみを解決できるくらいの量が配合されていないので、「あんまり効果がない」という感想を持つ人も多くなってしまうのです。

 

一方、医薬品や医薬部外品は、薬事法が認めている有効成分を、化粧品よりも多く配合しているので、それだけ効果が表れやすいと言われています。

 

医薬品や医薬部外品に指定されている市販の黒ずみクリームであれば、化粧品に分類されている市販の黒ずみクリームよりも、大きな期待ができます。

 

ただし、黒ずみの症状がひどい場合は、医薬品や医薬部外品の黒ずみクリームを使っても、効果がイマイチに感じられるかもしれません。

 

 

薬事法に定められる医薬部外品なら期待できる!

黒ずみクリームは、化粧品の場合は、あまり効果に期待ができませんが、薬事法で定められる医薬部外品であれば、効果が期待できます。

 

最近の黒ずみクリームは、医薬部外品も増えており、種類が充実しています。

 

医薬品の黒ずむクリームの場合は、あまり余計な美容成分が入っていないので、美肌効果は医薬部外品の黒ずみクリームに比べて、かなり低い傾向があります。

 

医薬部外品の黒ずみクリームは、美容に良い成分が沢山含まれているので、万が一、黒ずみに効果がなかったとしても、お肌には良い効果が出る可能性があります。

 

医薬品にはない良さが、医薬部外品にもあります。

 

また、医薬部外品は、やはり化粧品と比べると、有効成分がしっかり配合されているので、それだけ黒ずみへの効果についても、期待が持てます。

 

医薬部外品は、美肌ケアしつつ、黒ずみもちゃんとした成分でケアできるので、美肌ケアもついでにしたい人にとっては、良い商品です。

 

黒ずみの改善効果が出るまで、時間がかかってしまいますので、その間せめて美肌効果だけでも感じられる商品の方が、やっぱり長続きしやすいと思います。

 

結果が出ないケアは挫折しやすいので、本当だったら2本、3本とリピートするまで根気よく続けた方が良いのに、1本で早々見切りをつけてしまう人もいますので、判断が難しいところです。

ドラッグストアで売っている黒ずみクリームをお勧めできない理由

対面販売での購入は恥ずかしい!

黒ずみクリームはドラッグストアなどにも売っていますが、お勧めできないのは『対面販売』になっているからです。

 

黒ずみクリームをレジに持っていくのって、やっぱり勇気が必要になります。

 

レジの店員さんに黒ずみクリームを見られてしまい、恥かしい思いをしてしまうので、黒ずみクリームが購入できないなんてこともあります。

 

そういう人は、ネット通販の方が、恥かしい思いをしないで黒ずみクリームを購入できるのでおすすめです。

 

対面販売で、人の目が気になってしまうのは、購入の時に精神的な大きな負担になってしまいます。

 

やはり誰にも知られないで、黒ずみの問題を解決したいですよね。

 

レジに黒ずみクリームをもっていくなんて、「私デリケートゾーンが黒いんです」とカミングアウトしているようなものです!

 

異性の店員さんなんかの前では、恥かしくて出せませんよね。

 

やはりドラッグストアはすぐに黒ずみクリームが入手できるし、現品をちゃんと確認できるっていうメリットはありますが、購入時の恥ずかしさという大きなデメリットを考えると、やっぱり躊躇してしまいます。

 

どうしても現品を確認してからじゃないと買いたくないっていう人は、ドラッグストアで黒ずみクリームの現品だけを確認して、購入は帰宅してからネット通販で利用すると言うのがおススメです。

 

この方法だったら、現品を確認しながら、恥かしい思いもしないで黒ずみクリームを購入できるので安心です!

 

 

 

欲しい商品がない場合も!

ドラッグストアで売っている黒ずみクリームをお勧めできない、もう一つの理由は『品数が少ないこと』です。

 

都会の大きなドラッグストアだったら、どんな黒ずみクリームも揃っているからもしれませんが、近所のドラッグストアとかには、黒ずみクリームって、それほど種類が置いていないことの方が多いと思います!

 

お目当ての商品があったのに、実際にドラッグストアに行ってみたら、置いてないということが少なくありません!

 

やっぱり、風邪薬とか、胃腸薬とか、メジャーな薬は、売り場面積も広く、色々な種類があります!

 

でも、黒ずみクリームって、まだまだマイナーなんです!

 

売り場面積も狭く、ひっそりと2、3種類くらいしか置いていないことも!

 

ドラッグストアでは、欲しい黒ずみクリームが手に入らないことが多いので、行くだけ無駄になってしまうケースがあります。

 

ネット通販の方が、在庫も一発でわかりますし、何よりも複数の種類を自宅でゆっくりチェックして、注文することが出来ます。

 

ドラッグストアの店内だと、人目が気になってしまって、なかなか黒ずみクリームをまじまじと時間をかけてチェックすることも難しい場合があります。

 

商品をじっくりチェックしたり、色々と比較をしたい人は、ドラッグストアで黒ずみクリームを購入するよりも、ネット通販の方がおススメです。

黒ずみクリームは購入前に口コミや基本情報をチェック!

黒ずみクリームは数が多いから口コミが役立つ!

黒ずみクリームで検索すると、すごい数の商品がヒットしませんか?

 

数ある黒ずみクリームの中から、1本に絞り込むのは、実はすごく難しいことです。

 

どれも良さそうで悩んでしまいますよね。

 

そんな時に、参考になるのがやはり『口コミ』です。

 

黒ずみクリームの口コミは、購入前に、消費者にとって大きな判断材料になります。

 

特に自分と同じような悩みを抱えている人や、同じような症状を持っている人の口コミは非常に頼りになります。

 

口コミには色々な人の意見があるため、どの口コミを参考にするかっていうのは、すごく重要です。

 

頼りになる口コミを探すときに重要になるポイントが、『年齢』や『肌質』や『悩みのレベル』が、自分と違い人です。

 

全く自分とかけ離れた人の口コミを見ても、やっぱりあまり参考になりません。

 

例えば、50代の人が口コミを参考にする時に、10代の子が「黒ずみが消えた!」と言っても、あまりにも自分と条件が違い過ぎて、参考になりません。

 

やはり自分と同じくらいの40代後半〜50代の口コミの方が、信憑性が感じられます。

 

自分と同じくらいの黒ずみクリームの口コミを見つけて、購入前にまずは自分で簡単な情報分析をすることも大事になってきます。

 

口コミは商品の情報分析をする時に大いに役立ちますので、まずは黒ずみクリームを急いで現品購入するのではなく、情報収集をしましょう!

 

 

 

黒ずみクリームには全身OKとNGなものがある!

実は黒ずみクリームには、全身どこでも使用OKなものと、専門部位にしか使用できないものがあります。

 

全身使用できる黒ずみクリームの方が、やはり使い勝手が良く初心者にはおススメです。

 

まずは全身使用できる黒ずみクリームを試してみて、その後、どうしても落ちない頑固な黒ずみに関しては、専門部位の黒ずみクリームを使って試してみると良いでしょう。

 

専門部位にしか利用できない黒ずみクリームだと、最悪黒ずみクリームが残ってしまうこともあります。

 

専門部位の黒ずみクリームは応用が効かないため、最後の手段として使った方がおススメです。

 

まずは全身用の黒ずみクリームを購入し、全身の気になる黒ずみにくまなく使用してみましょう。

 

ただし、全身使用できる黒ずみクリームを選ぶのであれば、成分には注意をする必要があります。

 

例えば、乳首専用の黒ずみクリームであれば、最初からデリケートゾーンに使用することが予想されているので、刺激のあるような成分は一切使われていないことが多いです。

 

でも、全身用となると、ひじやひざなど、皮膚がそれほど弱くない場所にも使用できるようになっているので、デリケートゾーン用に比べて、刺激が強いものもあります。

 

今の美容系クリームは、無添加で成分が優しい物が多くなっていますが、やはり乳首などに使用する機会が多い黒ずみクリームは、いつもよりも成分に注意をしたいですね。

脇の黒ずみをどうにかしたい!

制汗スプレーの使用を控えよう

実は脇の黒ずみの原因で多いとされているのが『制汗スプレー』です。

 

制汗スプレーの使用によって、肌が正常にターンオーバーできなくなり、酸化アルミニウムなどの金属塩が肌の負担になっている可能性があるからです。

 

黒ずみというのは簡単に言ってしまえば、『色素沈着』です。

 

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、色素沈着がしにくいので、黒ずみにもなりにくいのですが、加齢やストレスなどの原因で、肌のターンオーバーが悪くなると、それだけに肌に色素が残りやすくなり、黒ずみが目立つようになってしまうのです。

 

そして、肌のターンオーバーを制汗スプレーの成分が妨げる原因になってしまうため、黒ずみが起こりやすいと指摘されています。

 

制汗スプレーは消臭対策や暑さ対策で使用している人も多いですが、脇の黒ずみ対策については、使用を控えた方が良いという意見もあります。

 

普段何気に使っている制汗スプレーが、脇の黒ずみの原因になっていると知らない人も多いので、黒ずみが気になる人は、まずは自分の生活習慣を見直して、原因を突き止めることも大事です。

 

黒ずみクリームを使っても、黒ずみを作る生活習慣が身についていれば、それを止めない限り、黒ずみは消えません。

 

黒ずみの引き起こす原因を調べて、解決することも、黒ずみ対策では重要なポイントになります。

 

 

ひどい場合は皮膚科で手術する方法も

そして、脇の黒ずみが黒ずみクリームを使っても、なかなか取れない場合は、皮膚科で手術をするという方法もあります。

 

乳首などのデリケートゾーンは、普段あんまり人に見せることがないので、男性との性交渉を除けば、生活で困ることは少ないはずです。

 

しかし、脇の黒ずみというのは、ノースリーブや半袖を着た時に、腕をちょっと上げると、周りの人に見られてしまう可能性が高く、なかなか深刻な問題です!

 

やはりデリケートゾーンの黒ずみよりも、脇の黒ずみのほうが日常生活でばれやすいので、悩んでしまう人は多いです。

 

特に近年、脱毛エステが格安利用できるようになり、ワキ脱毛をしている人が沢山増えています。

 

脇を脱毛した途端に、これまではムダ毛であまり気にならなかった脇の黒ずみが、無性に気になるようになってしまう人も多いです!

 

やはり毛がなくなっても、脇が黒ずんでいれば、恥かしくて、腕をあげられなくなってしまいます。

 

これでは、脇脱毛をした意味がなくなってしまいますよね。

 

やはり脇脱毛と脇の黒ずみの問題は、セットで解決していくことが重要です。

 

本格的な仕上がりを気にする人は、脇脱毛の時に、一緒に黒ずみ処理をしてくれるコースにするのがおススメです!

 

エステサロンで脱毛と一緒に脇の黒ずみケアをしてもらえれば、後で黒ずみクリームを使ってセルフケアをする必要もなくなります。

セルフケアで黒ずみは解消できるのか?

軽度の黒ずみであれば専用クリームで解消可能!

セルフケアで黒ずみ対策をするのであれば、専用の黒ずみクリームを購入しましょう。

 

専用の黒ずみクリームなしで、黒ずみを解消するのは、かなり難しい事です。

 

そして、セルフケアで黒ずみを解決できる可能性が高いのは『軽度〜中度』の場合。

 

重度の黒ずみの場合は、セルフケアでの黒ずみ除去は、かなり難しいハードルとなります。

 

そのため、黒ずみクリームは、「ちょっと最近黒ずみが気になる」と思い始めた頃に、早く使用するのがポイントです!

 

黒ずみは自然治癒しにくいので、放置していれば放置しているほど、症状が重くなりやすいのが特徴です。

 

同じ色素沈着であるニキビ跡なんかは、時間の経過と共に薄っすらとしてきますが、黒ずみの場合は濃くなるばかりです。

 

ニキビ跡の感覚で、黒ずみを放置していると、後になってから黒ずみを消すのが余計に大変になってしまいます。

 

ニキビも出来てしまった時に、ビタミンC配合のコスメを使ったりして、早めに対処すれば、跡が残らずに綺麗に治りますが、そのままにしていると、醜い跡が残ってしまったり、色素沈着がなかなか抜けなくなってしまいます。

 

やはり肌は、問題が起きた時に、すぐにケアをするかどうかによって、将来の肌を大きく左右します。

 

黒ずみは加齢によって、余計に濃くなるということがわかっていますので、若いうちに解決するのが重要です!

 

 

 

重度の黒ずみはセルフケアでは難しい!

しかし、いくら若いとはいっても、黒ずみが重度であれば、なかなかセルフケアで治療するのも難しくなってきます。

 

セルフケアの限界は、年齢がいくつであろうと、やはり中度くらいまで。

 

重度の黒ずみになれば、年齢に関係なく、黒ずみクリームなどのセルフケアではなく、皮膚科による治療を早々に考えるべきです。

 

重度の黒ずみについては、黒ずみクリームだけでは対処するのも限界が来ます。

 

「ある程度の黒ずみが消えれば良いや」と考えている人であれば、黒ずみクリームでのセルフケアも悪くありません。

 

しかし、「黒ずみを一切なくして、元の白い肌に戻したい!」という強い希望がある場合は、黒ずみクリームだけで解決するのは至難の業です。

 

やはり完璧な仕上がりを求めるのであれば、黒ずみクリームは皮膚科には敵いません。

 

一回1万円〜2万円の治療費を出せる人であれば、皮膚科に最初から通ってしまったほうが、早く綺麗に黒ずみを除去することが出来ます。

 

黒ずみクリームを使ったセルフケアは、肌の症状によって、解決できるかできないかが違ってきますので、治療方法をよく検討することが大事です。

 

黒ずみクリームを1年近く使ってもなかなか解決できない場合は、黒ずみクリームを使ったセルフケアで解決するのは難しいと判断した方が良いでしょう。

 

セルケアを始めるのであれば、早ければ早いほど理想的です!

黒ずみって自然治癒するの?

黒ずみは自然治癒しない

黒ずみは、残念ながら、一度色素沈着してしまうと、自然治癒はしません。

 

むしろ、時間が過ぎるごとに、黒ずみの部分が濃くなってしまうケースの方が多いです。

 

そのため、黒ずみ対策というのは、「いつか自然治癒するだろう」と放っておくよりも、黒ずみの症状が軽いうちに、専用の黒ずみクリームを使用して、早期に対処した方が、セルフケアでの完治が期待できます。

 

時間の経過と共に、かなり黒ずんでしまった黒ずみについて、黒ずみクリームを慌てて使用しても、完全に昔のような真っ白な肌には戻りにくいです。

 

黒ずみが気になり始めたら、薄いうちに対処するのが正解です!

 

濃くなりすぎた黒ずみについては、皮膚科での治療が必要になってしまいます。

 

黒ずみクリームが効果を発揮するのは、比較的軽症の黒ずみについてです。

 

そのため、黒ずみの症状が軽く、肌のターンオーバーも上手くいっている若い女性の場合、早く黒ずみ対策を始めれば始めるほど、効果に期待が持てます。

 

逆に、長年の黒ずみを放置してしまった人の場合、黒ずみクリームくらいでは問題を解決できない可能性が高いので、重度の場合は、黒ずみクリームではなく、最初から皮膚科のレーザー治療を頼った方が、黒ずみ治療にかかる全体の費用を安く収めることができるかもしれません。

 

黒ずみの症状によって、黒ずみクリームが良いのか、皮膚科が良いのか、やはりおススメが違ってきます。

 

 

 

お手入れをしなければ加齢と共により黒く!

黒ずみは年齢と共により濃くなる傾向があります。

 

肌のターンオーバーが上手く行われず、メラニン色素が沈着しやすくなるので、肌のターンオーバーを促す黒ずみ対策だけでは、なかなか良い結果が表れません。

 

化粧品の黒ずみクリームではなく、有効成分が配合されている医薬品や医薬部外品の黒ずみクリームを選ぶことも大事です。

 

美容クリニックでは、市販の黒ずみクリームにはなかなか配合されていないハイドロキノンなどの強力な美白成分を処方してもらえるため、同じ塗り薬でもあっても、クリニックで処方してくれる黒ずみクリームの方が期待ができます。

 

美白効果が高いハイドロキノンのような成分は、量を間違えると劇薬になるため、市販品ではなかなか配合されていません。

 

ハイドロキノン配合の化粧品があったとしても、極微量で、黒ずみを解決くらい十分な量を配合していない化粧品もあります。

 

クリニックで処方してもらえるハイドロキノンの方が、成分の配合量が多いので、黒ずみ対策をするのであれば、やはりクリニックで処方してもらう黒ずみクリームの方がおススメです。

 

市販の化粧品の有効成分の配合量については、薬事法で厳しく制限されているため、市販薬とクリニックで処方してもらう黒ずみクリームでは、濃度が全く違うのです。

 

同じ有効成分を使ったとしても、市販品では効果がなかった人が、クリニックで処方してもらった薬を使った途端に効果が出るというのは、やはり有効成分の配合量が大きく影響しているからです。

クリニックではどんな黒ずみ治療があるの?

レーザー治療

市販品で消えない黒ずみの場合、美容クリニックでの治療が一つの方法になってきます。

 

黒ずみクリームよりも高額な治療費がかかりますので、金銭的に余裕がない人は、真っ先に治療方法から除外してしまう人も少なくないと思います。

 

しかし、美容クリニックのレーザー治療は、1回の効果が大きく、短期間で黒ずみを解消したい人にとっては、非常におススメな方法です。

 

また、高額な黒ずみクリームを1年以上リピートしている場合も、レーザー治療を受けた方が、確実に安く黒ずみを解消できる可能性があります。

 

黒ずみクリームは、『穏やかな効能』と謳われているため、いつまで使い続けて、判断すれば良いのか、迷っている人も多いと思います。

 

1本だけで諦めてしまうのも早すぎですが、やはり1年以上使用しても改善が見られない場合は、それだけのコストをかけるだけの価値があるものなのか、考えないといけない時です。

 

結果が出ない黒ずみクリームをいつまでも使っているのは、やはりそれだけ効率が悪いです。

 

1回の費用は高額だとしても、美容クリニックで治療をしたほうが、効果が出て安く済む可能性がありますので、美容クリニックでの治療を高額だという理由だけで、避けるのは勿体ないことです!

 

結局、黒ずみクリームも長く使用すれば、レーザー治療と同等の費用になってしまいますので、治療方法を見極めることは大事です。

 

 

 

薬剤による治療

そして美容クリニックでは、ハイドロキノンという『肌の漂白剤』と言われている強い薬剤などを使う黒ずみ治療もあります。

 

また、古い角質が洗顔などのケアで自然に剥がれ落ち無くなっている人の場合は、ケミカルピーリングで肌のターンオーバーを促す治療もあります。

 

ケミカルピーリングが、ニキビ跡で悩んでいるなどにも、よく使用される治療方法です。

 

ニキビ跡も、黒ずみと同様に、色素沈着しやすいので、ケミカルピーリングによる肌のターンオーバーが有効なのです。

 

ケミカルピーリングは、すぐにニキビ跡や黒ずみがなくなるわけではありませんが、お肌がツルツルになるので、美容効果が高く、女性には人気がある治療方法です。

 

ただし、強い薬剤を使うので、敏感肌の人や乾燥肌の人の場合、ケミカルピーリングだと肌荒れを起こす可能性がありますので、かなり人を選ぶ治療方法になります。

 

美容クリニックで行われるレーザー以外の治療方法は、基本的に強い薬剤を使用することが多いので、肌質や体質によっては、合わないことも多いです。

 

肌が強い人には、ケミカルピーリングはおススメですが、やはり敏感肌の場合は、よく主治医と話し合い、肌の黒ずみの症状を考えて、どの治療方法が良いのか、相談することをおススメします。

 

万が一、肌荒れが起こっても、すぐに薬を処方してくれるのが、美容クリニックの安心なところです。

 

ひどい黒ずみは市販のクリームじゃ治らない!

重度の黒ずみはレーザー治療が主流

軽度の黒ずみについては、市販の黒ずみクリームで解決できるケースもありますが、重度の黒ずみの場合は、レーザー治療でないと治らないというのが現実です。

 

多少は市販の黒ずみクリームで症状が良くなることもありますが、完全に市販の黒ずみクリームで何もなかったような綺麗な状態にするのは、基本的には難しいです。

 

重度の黒ずみを本当に解消したい場合、美容皮膚科によるレーザーによる治療が主流です。

 

でも、レーザーによる治療となれば、やはりそれだけお金も通院も面倒です。

 

できるだけセルフケアで黒ずみを何とかしたいと思っている人も多いですよね。

 

最初からいきなりレーザー治療はなかなか選択しにくいので、やはり最初は黒ずみクリームなどを使用して、様子を見てみるのがおススメです。

 

ただし、症状がひどい場合、黒ずみクリームを何本使用していても、完全には解消できない可能性も高いため、ある程度使用して症状に変化が見られない場合は、美容皮膚科へ治療方法を変えるのも一つの手段です。

 

効果が出ない治療をずっと続けていても、やはりお金の無駄になってしまいます。

 

黒ずみクリームには医薬品や医薬部外品で、黒ずみ解消が期待できる商品も多いですが、症状が完全に回復するのは難しいため、治療方法に見切りをつけないといけない時もあります。

 

 

 

費用は1回1〜2万円くらい

美容皮膚科でのレーザー治療は、1回1〜2万円くらいかかります。

 

傷みはほとんどないと言われています。

 

ただし、症状によって数回のレーザー治療が必要になるので、レーザー治療を受ける場合は、金銭的な費用と通院に割ける時間があるかどうかというのが重要になってきます。

 

ただ、黒ずみクリームも1カ月に1本を1年以上使用すれば、数万円になってしまいますので、重度の黒ずみについては、早々にレーザー治療に挑戦した方が安く済む場合もあります。

 

黒ずみクリームを半年くらい利用してみて、それでも効果がなければ、美容皮膚科へ相談しに行くことをおススメします。

 

美容皮膚科では、レーザー治療以外に、ケミカルピーリングや薬剤による治療もあります。

 

症状に合わせて、色々な治療方法を試すことが出来ますのでまずは相談だけでも美容皮膚科にしてみると良いと思います。

 

美容皮膚科での治療は少しお金はかかりますが、黒ずみクリームよりもはっきりした効果が期待できます。

 

おまけに、黒ずみクリームもリピートが続けば、それなりの金額になりますので、黒ずみクリームにかけているお金があまりにも高額になっている場合は、美容皮膚科の方が安く黒ずみの問題を解決できるかもしれません。

 

1本5千円くらいの黒ずみクリームだと、1年で6万円にもなりますので、レーザー治療を2、3回受けるくらいの金額にはなります。

 

1年以上続けている人は、レーザー治療も検討してみることをおススメします。